こいで動物病院、犬・猫・小鳥・フェレット・ウサギ・ハムスターなど。

当院について

こいで動物病院は、犬、猫、小鳥、フェレット、ウサギ、ハムスターなど、
ご家庭でご家族の一員として飼育されている動物を対象に、
内科、外科、皮膚科など、動物医療全般の診療をおこなっております。

当院の理念

家族の皆様と、その一員である動物との暮らしがより幸せなものであるようサポートしていくことが我々の大切な務めであると考えています。
出来うる限りの動物医療を提供していくことはもちろんですが、ご家族の皆様のお気持ちや状況に寄り添った、心のこもった治療が、皆にとって良い治療であると思います。
そのため当院では、病気に関することや健康維持について丁寧な説明でご理解をしていただき(インフォームドコンセント)、その上で治療方針、予防、ケア等のご提案をし、選択をしていただくこと(インフォームドチョイス)を大切にしております。
すべての動物が健康に、快適に長生きできるようにとの願いを込めて日々診療を行っております。

当院の沿革

当院は2008年4月8日に、人と動物、そして環境とのつながりを大切にする獣医療を通じて、地域社会に貢献出来るような動物病院を目指して開院いたしました。

スタッフ紹介

院長・獣医師:仲村龍弥
2008年より地域の皆様に支えられつつ、ここ魚沼で動物診療を行っております。
まだまだ未熟なところもありますが、初心を忘れず、皆様と、家族の一員である動物たちとの幸せな暮らしをサポートできるよう、今後も日々努力してまいります。

動物看護師
認定動物看護師2名で、動物の気持ちを考えたやさしい看護と、飼主様1人1人に寄り添える病院づくりを目指しています。お気軽になんでもご相談ください。

癒し担当:仲村ミリー(猫)
2011年の東日本大震災の際に路頭に迷っているところを保護され、動物保護施設を経て当院にやってきました。
もう大分お年寄りですが、業務の合間に我々スタッフを癒してくれる大切な存在です。
会ってみたい方はお気軽にお声掛けくださいね。
(※先日、腎不全のため旅立ちました。)

このページの上部へ